水素水の秘密

効果効能について

水素水とは、ズバリ水素を含んだ水のことです。普段の生活ではあまりなじみがないためイメージがつきにくいかもしれませんが、普通の水に圧力をかけて、水素ガスを溶かしている水のことです。水素濃度を示す単位には「ppm」という単位が使用されており、市販の水素水のほとんどはこのppmで水素含有量が表示されています。最近、この水素水が抗酸化剤として注目されています。水素水を飲むと、体内の活性酸素と反応し、不要なものを水にして流してくれるのです。そのため、水素水は医療をはじめ、美容、スポーツ等、ありとあらゆるシーンで効果を発揮します。飲水なので、生活に取り入れやすいところも特長です。今では多くの種類が販売されていますが、高濃度かつ安全な水素水を選ぶことが大切です。

正しい水素水の選び方

水素水の効果は多岐にわたり、病気の予防や治療をはじめ、アンチエイジングやダイエット、便秘解消、アレルギー抑制、体臭対策にも効果を発揮します。そんな水素水ですが、種類も多く販売されているからこそ、少しでも高濃度で安全な商品を選びたいものです。そこで気をつけたい、水素水を選ぶ際のコツをお教えいたします。一番重視したいのはなんといっても濃度です。水素の飽和濃度は1.6ppmですが、だいたいどのメーカーも圧力をかけて、飽和状態以上の濃度の水素を溶かすことができます。その水素濃度は商品パッケージに記載されている場合がほとんどですが、気圧の変化や空気に触れることによって含有量は変化し、商品を実際に口にする頃には多少抜けてしまっています。そのため、空気を抜きながら保存出来るアルミパウチタイプが使用されている商品がオススメです。